派手なドレスでいつもとは違う自分に大変身

ドレスを着る機会はそんなに沢山ないので、着る機会があるのであれば、めいいっぱいお洒落をして、派手で素敵なドレスを着てみませんか。普段の自分とは違う新たな一面を垣間見ることができることでしょう。またカラフルで派手なドレスを着ることでいつもより積極的にアクティブになれるかもしれません。そこには思いがけない新たな出会いもあるかもしれませんよね。また色が人々に与える影響がとても大きいというのはご存知でしょうか。人間は五感を持ち、臭覚、視覚、触覚、味覚、聴覚によって外部からの情報を得ているのです。その中でも視覚によるものが86パーセントも占めると言われているのです。またこの視覚の大部分がカラーからによるものと言われています。ですので、普段とはちがった鮮明な色を取り入れてみると、自分自身にも変化があるかもしれません。例えば、赤は情熱さや、エネルギー、また積極性を与え、オレンジは陽気、元気、活発さ、黄色は明るさや希望、知性を表し、意外と思われる黒も、実は目立つ色なのです。黒はパワーを表し、物言わぬ芯の強さを象徴する色でもあります。このように様々な色を取り入れることで、自分自身の新たな一面を発見できるかもしれません。

結婚式に参列する場合、派手なドレスになっていないか気を付けよう

結婚式に参列する女性の場合、どんな服装で行こうか迷ってしまう事が多いです。マナーを守った服装でないと、自分だけでなく、招待してくれた新郎新婦にも迷惑がかかるので気を付けます。一般的に露出が多く、派手な色合いのドレスやジャラジャラしたアクセサリーは、結婚式ではNGとなっています。また、ゴージャス過ぎる巻き髪も良くないと言われているので注意します。しかし参列者の女性は、結婚式の華を飾る存在です。派手すぎずにきちんとしたドレスを身に着ける事で、結婚式場が華やかになります。そのためドレスの色は、華やかさを出したい時には、パステルカラーのものにして、きちんと感のある上品な小物でまとめるのがベストです。派手なタイプのものとして、他にも肩を露出したものやミニスカート等があります。これらは一般的には、昼間に行われる披露宴には不向きとされていますが、2次会や夜の披露宴などではOKとされている事が多いので、時間帯によって着ていく物を調節していくのがお洒落です。またどの時間帯でも、胸元が開いたタイプのものはNGとされているので気を付けます。あくまでも主役は花嫁であるので、あまり下品な色や服装はしないように気を付ける事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*